結論から言いますと、就職するべきか否か決めるのはあなた次第です。家庭環境など様々あると思いますが、自分の人生を決めるのは自分です。少々厳しいことも書きますが、自分で動かないと職にはたどり着けません。例え他の人の力を借りても働くのは自分ですよ

就職は本当にするべきか

就職活動では徹底的に情報を分析しながら動こう

就職活動は自分の将来を決める大事なものであり、一度勤める会社を決めたら、そう簡単には変えられません。
そのため、就職活動においては徹底的に情報を分析しなければならず、インターネットで検索しただけで応募先を決めるのは早計です。
満足度が高い就職活動にするためには、まず情報収集から取り組むのが鉄則でして、その企業の公式サイトから企業理念や採用予定について調べる必要があります。
注意点は、全ての企業が定期採用をしているわけではなく、公式サイト上では募集していないだけで、紹介などによる採用を行っている場合があることです。
入れ替わりが激しい企業では、ある程度の人数が辞めてしまうことを前提とした大量採用を行っていますが、定着率が高い企業では必要になった時に良い人材がいれば採用するケースもあります。
たとえば、一般的にはあまり知られていないが、自分の学校から毎年定期採用している枠があれば、その枠に入ることでほぼ確実に就職活動を完了させられるのです。
知っている人間が少ないほど良い採用枠は、成績優秀な学生や即戦力の人材、あるいは、そういったネットワークに関わっている人間と親しくなければ紹介されません。
情報を得る行為には、就職活動に詳しい人間に任せることも含まれているので、いかにして有用な人脈を築いていくのかも問われます。
過酷な就職活動では必ず採否の結果が出るため、周りにいる人間と一緒にゴールするわけにはいかないので気をつけましょう。
もっとも、色々な人間と情報交換をする必要はあるので、うまく距離を取りつつも、お互いに有益となるコミュニケーションを心がけるべきです。
現在勤めている会社からの転職ともなれば、周囲に対して徹底的に情報を秘匿して、自分の身を守ることも重要なリスク管理になります。