結論から言いますと、就職するべきか否か決めるのはあなた次第です。家庭環境など様々あると思いますが、自分の人生を決めるのは自分です。少々厳しいことも書きますが、自分で動かないと職にはたどり着けません。例え他の人の力を借りても働くのは自分ですよ

就職は本当にするべきか

電気関連の会社とインストラクター就職に於ける共通点

電気関連の会社に就職する際には、電気関連の知識があればより良いのですが、それ以上に重要な事が有ります。それは他人にしっかりと技術や現象を説明する能力です。電気の様な目に見えない高度な技術を利用して製品を開発したり、技術を利用する場合にはその原理や現象を第三者に分かりやすく説明する必要があります。その為、その説明を分かりやすく行うことが出来ることが電気の仕事に携わるためには重要な要素と言われています。
この点では、インストラクターの仕事も非常に共通している鵜分が有ります。インストラクターの仕事は生徒に何かを指導する立場で、生徒が分かりやすく習得するために説明を行う能力が無いとできない物です。また、生徒一人ひとりの理解度をチェックしながら、その生徒に合わせた指導を行う必要があります。
電気関連の仕事とインストラクターの仕事に共通点があるというと意外と考える人が多いものです。電気の仕事は非常に緻密であるため、一人で黙々と行う仕事であり、インストラクターの様な常に人と対話する様な仕事とは全く異なると感じる人も多いでしょう。しかし、電気の仕事もその技術を明確に他人に説明できないと技術としては成り立ちませんし、インストラクターの仕事も分かりやすく生徒に説明するためには緻密にその原理を追求し分かりやすく説明できるように準備をする必要があります。その面ではインストラクターも一人で緻密に作業する面が必要な仕事でもあるのです。
そのため、電気関連の仕事に就職する場合でもインストラクターの仕事に就職する場合でも、他人にしっかりと説明ができる能力が必要という点では共通点があります。さらに、緻密に物事を考え準備をしなければ行けないという点でも大きな共通点があります。